蜜林堂


FOOD 

蜜林堂では、ハリナシバチのハチミツとミツバチのはちみつを次のように呼び分けています。

POT
HONEY

ポットハニー
(ハリナシバチのハチミツ)

ハリナシバチはプロポリスの丸いハニーポット(蜜つぼ)に蜜をためることから、蜜林堂ではハリナシバチ蜜をポットハニー(PH)と呼びます。

HONEYCOMB HONEY

ハニカムハニー
(ミツバチのハチミツ)

ミツバチは六角形のハニカム(蜜ろう)に蜜をためることから、蜜林堂ではハリナシバチ蜜をハニカムハニー(HH)または単にハチミツと呼びます。

POT HONEY / Malaysia / Multifloral

    マレーシア産ポットハニー / 百花蜜

​マレーシアのクダ(Kedah)州産の百花蜜。
町の郊外にある森に囲まれた果樹園のなかで採蜜されています。

さらりとした質感で水に溶けやすく、プルーン(イチゴと評した方も)のような風味があります。
 
主な蜜源…カラマンシー(ミカン科)、スターフルーツ(カタバミ科)、ポメロ(ミカン科)、アサヒカズラ(タデ科)。季節によってランブータンやドリアンが混じります。
 
蜂の種類…H.Itama, G.Thoracica(H:G=7:3)
 
 
H. Itama
G. Thoracica
養蜂場

POTHONEY / Malaysia / Acacia mangium

マレーシア産ポットハニー / アカシア・マンギウム

東マレーシア(ボルネオ島)・サラワク州産のアカシア蜜。蜜源となっているのはアカシア・マンギウムの木で、パルプや建材をとる目的で広い範囲で植林されています。日本のアカシア蜂蜜の蜜源であるニセアカシアの木とは異なります。
養蜂所は、市街地から遠く離れた標高200mほどのアカシアの植林地。人工物の影響をほとんど受けることの無い環境で養蜂されています。
このアカシア蜜、花ではなく、甘露と呼ばれる葉の付け根から出る甘い蜜を蜂が集めたものです。季節によらない安定した品質が特徴です。減圧濃縮という方法で、非加熱で水分を飛ばしているため百花蜜に比べると少しとろりとしています。甘みが強く、同時にシャープな柑橘類の様な酸味があります。
 
蜜源…アカシア・マンギウム(マメ科)、アサヒカズラ(タデ科)
蜂の種類…H.Itama
 
 
養蜂場
甘露を集めるアリ
養蜂所の周囲の森

POT HONEY / Tanzania / Multifloral

    タンザニア産ポットハニー 百花蜜

タンザニア産のハリナシバチ蜂蜜「樹の力」

長年タンザニアで30年もの長きにわたり国際協力に努めてきた杉谷氏が、現地で出会い、驚き、取り扱いを決めたというハリナシバチ蜂蜜。マレーシア産とは異なり、普通のハチミツ同様に水分が低く、トロリとした質感。プルーンのような甘酸っぱさに、どことなく香ばしいような不思議な味わいがあります。黒っぽい色も特徴です。
ハリナシバチには目立った病気が知られておらず、プロポリスの抗菌効果のおかげではないかと考えられています。アフリカではハリナシバチの茶色い巣をガムとして食べ、病気の予防として利用しています。
二つに割った丸太の中に蜂を誘導する、アフリカ式養蜂。
 
 

 
 
 


HOW TO EAT POT HONEY

ポットハニーのお召し上がり方
 
マレーシアでは毎日、朝食前とお休み前にスプーン1杯ずつの摂取が基本とされていますが、お好みに合わせてアレンジメニューもお楽しみください。

 

01

ヨーグルトに

 
 

最もシンプルな召し上がり方です。
ポットハニーの酸味がヨーグルトの酸味とよく合います。

 

02

ポットハニードレッシング

 

オリーブオイル大さじ2・酢大さじ1・ポットハニー大さじ1・塩コショウ少々・ピンクペッパーと追加でおしゃれに
市販のレモン系ドレッシングなどともよく合います。
 

 

03

モヒート風ドリンク

 

ミントの葉(種類やサイズによってお好きな量)・ポットハニー大さじ1・炭酸水1カップ(200cc)・氷レモンまたはライム果汁(1/2個分)
ポットハニーは水に溶けやすく簡単です。

 

04

チーズトースト

 

お好みのチーズをのせて焼いた食パンにポットハニーをかけるだけ。
クルミやアーモンドなど、ナッツを散らしたり、パンをピザ生地にかえてもおいしい。

HONEYCOMB HONEY / Nepal / Chiuri

    ネパール産ハチミツ チウリ

チウリはちみつは、ネパールの知られざる逸品。
キャラメルの様でお菓子の様な味が特徴的です。
80%を超える高い糖度でお菓子やトースト、ミルクなどに合わせても、フルーツと合わせても美味しくいただけます。フルーツの甘酸っぱさとの相乗効果で果実の美味しさが際立ってくるのが特徴です。
 
チウリ(Chiuri : Diploknema butyracea)は、ネパールに自生するアカテツ科の高木です。実は食用に、種から取れるバターは生活の様々な場面に、木材は薪として利用できることから「生活の樹」として知られています。
生産地である中部山間地に住むチェパン民族は、チウリの木から得られる資源で生活をしていますが、養蜂によって、「ハチミツ」という新たな価値が生まれました。今ではチウリの木を絶やさないようにと植林を進めています。
きっかけは蜜林堂のサポーターである米川安寿さん。
「ハチミツの生産を応援し、販売を促進すれば、生産地では花と緑を守る環境保全が進むのではないか?」。
彼女が3年にわたって村の人たちと対話を続け、今では養蜂と植林を両立する活動が現地に根付いています。売り上げが直接、植樹に繋がります。